子供のアトピーの要因として、いくつか考えられます。 1.食べ物 2.ハウスダスト 3.遺伝 1の食べ物ですが、主に高タンパクな食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)のことです。 牛乳、たまご、ピーナッツなどが、高タンパクな食べ物になります。 これらの食べ物を早い段階から食べさせると、アトピーになりやすくなるでしょう。 なぜならば、赤ちゃんは消化器が未発達ですから、しっかりと消化することができないからなんです。 可能な限り、高タンパク食を避けてあげるようにしてください。 2のハウスダストというのは、家の中のホコリ、ダニのフンや死骸などです。 これらは、アレルギーを引き起こす原因となります。 ハウスダストでアトピーになるだけでなく、喘息を引き起してしまう事も多いものです。 ハウスダスト(ぬいぐるみやクッションなども定期的にキレイにした方がいいかもしれません)を完全に取り除くことは出来ませんが、できるだけへらすためにもこまめに掃除するようにしましょう。 3の遺伝ですが、両親共にアレルギーの場合は約50パーセント、どちらかがアレルギーの場合は約30%、子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)に遺伝します。 もちろん、必ずしも遺伝すると言ったわけではありません。 もし、子供に遺伝してしまった場合は、可能な限りアトピーを引き起こさないよう、食事などに注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)する必要がありますー